ウェディングドレスの色々

女性なら誰しもが綺麗なウェディングドレスを着てみたいと思ったことはあるでしょう。
そして、実際にドレスを着ることが出来る結婚披露宴は人生で最大の素敵なイベントです。

実は、ウェディングドレスとひとくちにいっても様々な種類があります。
シルエットやデザインなどによってタイプ分け出来て、それぞれにメリットとデメリットがあります。

ここでは、そんな奥深いウェディングドレスについて様々な角度から紹介していきます。
新郎の披露宴の服装はこちらをご覧ください。

種類・デザイン

やはり気になるのは種類やデザインでしょう。
自分に似合うもの、自分が素敵だと思うものを着てみたいものを探してみて下さい。

まずは、もっとも人気のタイプである【Aライン】というシルエット。
ドレス全体がアルファベットのAの様に見えることから、こう呼ばれています。

裾がナチュラルに広がっているのが特徴的で派手すぎない清らかな印象です。
メリットとしては縦にながく見えるという点が挙げられます。

次に挙げられるのが【プリンセス】です。
これは腰から下がふわっと広がっているタイプで定番ともいえるようなデザインです。
スカートの下にはワイヤーで膨らみを出すものを着用します。

体型を問わず誰にでもしっくりくるシルエットで優雅な雰囲気のあるドレスです。

この他にもスレンダーやマーメイドなどが挙げられます。
この二つは体型が強調されるのが特徴で、エレガントな印象を受けます。
着る人を選ぶ感は否めませんが、素敵なドレスです。

相場

どうしても気になってしまうのが価格の相場です。
これは後述するレンタル衣装か購入するかという点でも大きく異なります。
結論からいえば、下記のような相場になるようです。

レンタル:5万円~50万円程度
購入:10万円~100万円程度

ドレスにもグレードがあるという点を考えるとピンからキリまであるので、
なかなか相場といえる値段を明言することは難しいかもしれません。

ホテルなどにおけるレンタルで50万円レベルとなると、高級と言っても間違いではないでしょう。
既製品なら安ければ5万円程度で購入することができるようです。

レンタルか購入

やはり良いものを安く着ることが出来るのはレンタルです。
その反面、購入すれば一生ドレスを保存することが出来ますし、自分の理想のデザインを再現できます。
新品という点も大きなメリットの一つでしょう。

しかし、レンタルでも高いものとなれば50万円程度のものは沢山あります。
ある意味、下は数万円程度のものはあっても上は限界がないような世界ですから、
どちらが得かという点では一概に答えはだせません。

Copyright© 2013 Basic knowledge of wedding reception All Rights Reserved.